人気ブログランキング |

やめられない?とまらない?地球温暖化?


by papahapon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フィリピンの田舎にお金を送る方法

お山の学校にインターネット接続を応援するため
日本のお友だちからお預かりした貴重なお金約6万円を
安全確実に現地に届ける方法をいろいろ模索しました。

一番良いと思ったのは現地の校長先生に最寄のメトロバンク支店で
普通預金口座を作ってもらうことでした。
メトロバンクは東京支店があって、この支店までは手数料525円で
振込みが出来ます。
この支店からフィリピン国内の普通預金口座には手数料2千円で
数時間のうちに送金してくれます。

ところが校長先生は学校に近いチャオングの町にある銀行にこだわって
なかなかOKしてくれません。
メトロバンクの支店はチャオングから1時間くらいのサンパブロまで
行かないと無いのです。
根気良くこちらの事情を説明してやっとその気になった校長先生は
サンパブロのメトロバンク支店まで行ってくれたのですが、
「メトロバンクに普通預金口座を開くためには最低1万ペソ預金
しなくてはならないが私はそんな大金持っていないから口座を
開くことは不可能」
ということでした。

私は次の作戦としてケソン市のダイアナおばちゃんに3万ペソ(約6万円)
を送金して、ダイアナからお山の学校の公式口座に送金するように依頼
しました。

ところが、ところが、ケソン市の銀行はチャオングの銀行に送金することを
拒絶
したというのです。

結局昨日(4月4日)校長先生からのメールでは

「本日サンパブロのウエスタンユニオンで29,050ペソ受け取りました。
手数料は950ペソ(約1900円)でした」
Dear Papahapon San;
Good day!
Received your donations (11:30 a.m. at San Pablo City) amounting 29,050.00 pesos from Tita Diana (through Western Union Money Transfer) with 950.00 less/deduction service charge.

c0004734_16314199.jpg

ということで6万円送るのに約1週間かかり、
5千円近い手数料を取られてしまいました。

校長先生にはこのような無駄な時間と出費をさけるため、
今回送ったお金から1万ペソをメトロバンクに持って行って
普通預金口座を開くよう再度要請したところ
やっとその意義を理解して口座開設をOKしてくれました。

それにつけても日本の郵便局とコンビニは本当に便利ですね(^o^)




お山の学校を応援してください

by papahapon | 2009-04-05 08:31 | フィリピン